• 天丼

投資家インタビューVol.3 ゆうじゅ氏(前編)農業と秘書編

こんにちは天丼です。

 ⽇本版マーケットの魔術師を作ることを⽬標に個⼈投資家にインタビューする企画第三弾︕  

投資家インタビューVol.1(前編) 敗者⽒ 「俺は弟に殺されました」

投資家インタビューVol.1(後編)敗者⽒「俺はパチンコ中毒者と同じ」

投資家インタビューVol2 (前編)イケメンデイトレーダーなおくん「歯を磨いていたら自然と涙がこぼれてきた」

投資家インタビューVol2 (後編)イケメンデイトレーダーなおくん「あんの~ぼくの手法なんですが」

 に次ぐインタビュー企画です︕

 今回は1年で30万を1億にしたトレーダーゆうじゅさんにお話を伺いました。

 


プロフィール


 ゆうじゅ 33歳@y_u_j_u)



 20歳から投資を始める。


 株だけでなく、先物やFX、CFDなど幅広い商品を投資対象とする。

 

 2015年に1億を達成し、資産最高値は1.8億。

 しかしその2カ月後に億トレ陥落。

 一年後にはほぼ全ての資産を失い退場となる。


 現在はタクシー運転手であるが、コロナの影響で収入が激減。

 人生の岐路に立たされている。

 


父親の背中を見て投資を始めるが、eワラントで一回目の退場

天「株を始めた理由を聞かせていただいても良いでしょうか」


 父親が株をやっていたと言うのが大きいね。

 元々父は証券のリテール業務(注 投信などを個人や法人に販売する業務)をしていたのですが、根が優しすぎたのかな。

 余り向いてなくてストレスで苦しんでたことをよく覚えてる。

 その後、ディーラーに転職するのだけど、それからの父は以前よりも生き生きしてたんだよね。

 そんな父の姿を見て漠然と株をしたいなあとずっと思ってた。


天「実際に投資を始めたのは何歳の頃ですか?」


 

 20歳だね。本当に20歳になって直ぐ。

 両親が出産祝いやお年玉なんかを定期預金で貯蓄していてくれて、それを元手に始めたんだ。

 100万円くらいだったなあ。



天「最初の頃はどういった投資をされてたんですか?」


 最初は現物でデイトレしてたんだけど、すぐにeワラントにハマったね。


eワラントとは

 カバードワラントという種類の商品。

 先物・オプションで言うところのコールとプットの個別株版である。


 特徴として株と違い償還日における差金決済であるため、元手は少ないもののボラティリティは激しい。

 権利関係に達しなかった場合にはゼロ円になる。


 オプションと同様に保険商品としての性質が強く、個別でトレードは推奨されていない。


天「どんなワラントを触っていたのですか?」



 KOSPI(注 韓国総合株価指数)だね。

 日経平均に追従するんだけど、窓を開けて始まることも無く、寄りついてからの値動きが素直だったんだよね。


 実は始めて一ヶ月で100万を30万にしたのだけど、このKOSPIを触り100万まで回復させた。



天「開始からすごい資産ボラティリティですね。そこからは資産はどのように変動したんですか?」



 その後、数字を見間違え変な注文をしてしまって100万を一日で25万にした。



天「ええ……。ボラがすごすぎませんか……」



 投資家人生で始めて泣いたのがその日だね。




平穏な大学生活を経て、農家に就職。しかしトラックを破壊し退職

天「その後は投資はいったん休止したんですか?」



 そうだね。たまにバイト代を入れては溶かしくらいで投資は殆どやってないにちかいかな。

 代わりに資格を取ったりしてた。宅建士と行政書士だね。

 割とちゃんと大学生をやってた。



天「卒業後はどちらに就職したんですか?」



 最初はモラトリアム期間延長する為に青年海外協力隊に申し込んだけど書類審査で落ちちゃった。

 その後、理由は覚えてないのだけど「これからの時代は農業だ」と思い立ち、長野の高原野菜をやっている農家に就職したんだよね。



天「農家!? そんなことやってたんですね」



 まあ、3カ月で辞めたんだけどね。



天「な、なにがあったんですか?」



 決定的な出来事はあるんだけど、積み重なりだね。

 常識的な違いがすごかった。社長に相づちで「え、ホントですか?」と言ったら「俺が嘘つくわけないだろ!」ってものすごい形相で怒られたこともある。

 意味わかんないよね。


 あとは、朝4半始業で日が沈むまで農作業をするというサイクルもキツかったなあ。



天「なるほど、すごい労働環境ですね。……ちなみに決定的な出来事とはなんですか?」



 自分が軽トラックを崖に落としたことだね。

 朝一番、軽トラを暖めようとエンジンかけたところに、社長が現れたんだよね。挨拶は絶対なので、さっと来車から降りたら、後ろですーっと動く音がする。


 軽トラ、マニュアル車だったんだけど、昨日使った人が1速入れっぱなしにしてエンジン切ってたんだよね。

 それに気づかないで降りたので、そのまま軽トラは崖に吸い込まれていった。



天「な、なるほど」



 それから、試用期間の終わりと共に退職したよ。

 まあ向いてなかったかな。



 選挙区支部長の秘書になるも、4カ月でクビ。住居も失う。

天「その後、お仕事は何されてたんですか?」



 もともと学生の頃政治サークルに顔をだしてた兼ね合いで、地元の小選挙区の支部長秘書にさそわれたんだよね。

 渡りに舟で住み込みの秘書として就職した。



天「180度違うお仕事ですね」



 まあ4カ月でクビになるんだけどね。



天「な、何があったんですか?」



 まあ、女がらみなんだけどね。

 選挙事務所の事務員さんと仲良くなり過ぎちゃった。

 人妻だったんだよね。



天「ええ……。手を出したんですか?」



 まさか、流石にそんな事はしないよ。

 仕事以外のことでも日常的にメールしたり、電話してたくらいかな。


 だけど、相手が悪かった。その事務員さん大口支援者の関係者だったんだよね。



天「大口支援者が激怒、みたいな感じですか?」



 そうそう。ある日急に呼び出されて支部長が言うんだよ。

 「大口支援者さんが激怒してる。ゆうじゅが事務員に手を出してるだろって。大ごとにするか、今日中にこの町を出て行くか選べって言われてる。俺はお前が言う事を信じるけどどうする?」

 ってね。




天「ま、町をでていくか?」



 そうそう、すごい選択肢だよね。釈明の機会どころか謝罪の機会すらもらえなかったからね…。まあ、支部長に迷惑かけたくなかったからそっちを選んだ。


 それで、その日のうちに自分の自動車に住み込み先の荷物を積み込んで町を出たよ。


 殆ど夜逃げだよね。茫然自失のままネットカフェで一晩明かした。

 翌日、理由も言えないまま首になったって言って実家に戻ったよ。



ドコモショップに就職。株を再開する

天「その後はどうされたんですか?」



 しばらくしてドコモショップに就職した。

 元々学生の時派遣の仕事で出入りしてたから仕事自体は直ぐに出来るようになったよ。

 

 新卒一年足らずこんなキャリアだから資産構築だけはちゃんとやらなきゃと思い、株を再開したよ。



天「そのときの相場はどんな感じだったんですか?」


 

 いわゆるガンホー相場だね。ショップにもパズドラやりたいからスマホ買いたいみたいな人たくさん来てたよ。

ガンホー相場とは?


 2012年夏頃から始まる、ソーシャルゲーム業績バブル。

 パズドラが大ヒットし、2011年度は100億満たなかった売上が、2012年度には260億、そして2013年度には1600億に!!!(すご)


 ガンホーの株価は一年でなんと100倍。

 それを受け新興ゲーム株に資金が流入。大相場となった。

 この時期に株やってたかったなあ!!!!



天「ガンホー買ってたんですか?」



 いや、当初は40万円しかなくて、ガンホー当時50万くらいでね。

 資金不足で買えなかった。

 だからコロプラを買ったよ。ファンダもわからなかったけど、まあソシャゲ来るでしょみたいな感じでね。



天「どれくらいになったんですか?」



 40万が200万になったよ。

 その後アベノミクスの初動に乗っかれて4カ月で600万までいったよ。

 それで5.23ショック(注 謎の新興ショック 前場は通常の相場だったが後場に突然ほぼ全ての新興銘柄がS安張り付いた)ぶち当たる。


 そこで退場したよ。



天「5.23ショックすごかったと聞きますね」



 その時ウォーターダイレクト(現 プレミアムウォーター)を買っててね。

 前場で目茶苦茶喰らって退場した。



天「実質5.23ショック関係無いじゃないですか」



 うん、前場で全部損切りして、1人で泣いてたら(注 投資家人生二回目の涙である)、後場が始まってとんでも無い勢いで全てS安張り付いたからめちゃくちゃ驚いたよ。

 そこで心が完全に折れて100万残して退場したよ。



投資家インタビューVol.3 ゆうじゅ氏(中編)30万から1.8億編につづく

18,962回の閲覧
​天丼

学生時代に株をスタート!その後兼業になって、今は独立して株を元手に不動産大家業みたいなことしてるよ。

株式相場歴5年

不動産歴4年

FX歴3年

27歳

​とてもつよい

​好きなどうぶつはねこ

email:magic.tendon@gmail.com

続きを読む

メルマガ登録はこちら

© 2023 不動産ネタ帳ブログ